读书笔记您现在的位置: 读后感 > 名著读后感 > 读后感2000字 > 文章内容

《伊豆的舞女》日语读后感

www.duhougan.com 分类: 读后感2000字 作者: admin 频道: 名著读后感 阅读: 在线投稿

  伊豆的舞女》日语读后感

  川端康成といえば日本で最初にノーベル文学赏を受赏した作家である。受赏理由の1つが日本の美をつねに追求してきたというものだ。川端がノーベル赏受赏后に行った讲演の题名は「美しい日本の私—その序说」であった。川端と日本の美は切っても切れない関系にあるといえる。

  私は川端の作品を読むたびに作品に醸しだされる日本の美について意识はするが、それ以上に意识するのが登场人物たちの孤独である。私は登场人物たちの孤独をどうしても川端本人の孤独と结びつけて考えてしまう。

  川端は2,3歳で父と母を相次いで亡くし、さらに15歳までにたった1 人の姉と自分の面倒をみてくれた祖父?祖母も亡くしている。川端は15歳にしてほぼ天涯孤独の身となったといえる。

  川端は菊池寛に认められてから作家として头角を表し、长ずるに文坛内で影响力を持ち始め、文坛の大御所とも呼ばれた。川端は芥川赏の选考委员もやり、また三岛由纪夫を世に出したことでも有名である。川端は近代日本を代表する大作家であるが、やはり私はいつも川端を见るとき、その孤独を思いやってしまう。结局、川端の自死もその孤独の延长上にあったのではないかと思われてくる。

  「伊豆の踊子」は美しくそして哀愁をただよわせてくれる名作である。この作品は高校生のときに読み始め、それから何回となく読んだ。

  最初は伊豆の风景のことばかりに目がいってそれほど感じなかったが、缲り返し読むうちに主人公である一高生の「私」の孤独がしみじみと思いやられるようになった。「私」が物语の最后、踊子と别れ、船で东京へ帰ったとき、ぽろぽろと涙を流したのも何となく理解できるようになった。おそらく「私」にとっては踊子ははじめて血のつながりみたいなものを感じた他人だったのかもしれない。それは今まで味わったことのない母性みたいなものだったのだろう。それを恋爱感情といってしまえば、やはり「私」は踊子に恋していたのであろうか。

  「伊豆の踊子」は一高生の「私」がある夏伊豆半岛を旅行したときに偶然出会った旅芸人の一家との交流を缀った物语である。旅芸人の一家は五人で、40代の女が1人、20代の男1人、10代の娘が3人である。男と一番上の10代の娘が夫妇、40代の女がその娘の亲で、一番年下の娘が踊子で、男の妹である。もう1人の娘は雇いといった感じである。

  旅芸人は酒の席で芸を売る人たちで、芸者みたいな真似をする。14 歳の踊子は坐って太鼓をたたく。踊子は普段三味线の练习をしている。

  「私」は踊子が気になった。踊子も「私」を意识するらしかった。踊子の义理の母亲は踊子が「私」に気があることをからかった。踊子は男として「私」を意识したのか。踊子は14歳でまだ男を意识する年齢ではなかった。男より本?活动の方に兴味があった。一家の男と露天风吕にはいっているとき、远くの风吕にはいっていた踊子が2人を见つけ、真っ裸のまま近づき2人に向かって手を振ったのは非常に印象的であった。

  旅芸人たちは立ち寄る村々で嫌われた。露骨に<旅芸人村に入るべからず>という立て札を立てている村もあった。所诠彼らは川原乞食であったのだ。一般人とは别の人种と思われていた。

  旅芸人の一家は自分たちの意志で旅芸人になったのではなかった。「私」には彼らの运命がそうさせたように思われた。「私」は彼らと自分との运命を重ね合わせたのである。旅芸人の孤独と自分の孤独が引き付けあい、それが升华され「私」と踊子との恋ともいえない亲しみの感情が涌き上がったようである。

  それにしても踊子を描写する笔は见事に尽きる。踊子が笑ったり、悲しんだり、耻ずかしがったりする表情がすばらしい。目の前に踊の姿が髣髴するようだ。踊子はまだまだ少女なのだ。

  「私」は下田で彼らと别れて东京へと戻った。

  今回「伊豆の踊子」を読み直して、やはり川端は大作家だと再认识した。物语の最后、踊り子は1人寂しく波止场まで「私」を见送りにくる。その踊子の何ともいえない寂しい表情の描写は私の胸を强く打った。

  やはり「伊豆の踊子」はノーベル赏作家の书いた名作である。

读过本文的网友还读过: